最近化粧してないな~

最近化粧してないな~ “タイトル通り最近全然バッチリ化粧した記憶がございません。
ちなみに20代の子持ち主婦です。

子供が生まれる前は、ちょっとそこまででもしっかり化粧しましたよ。
それが子供が生まれてからは、子供の準備もあるからほんっとに大変!
散歩や買い物に行くにしろ、おむつに飲み物に愚図った時ようのお菓子やおもちゃ、その他に自分の荷物。
自分の化粧する暇あったら子供の準備したいわ!って感じです。

しかも化粧中も子供はじっとしてないから、落ち着いてアイラインなんて引いてらんないし、丁寧に下地やクリームファンデをぬってる暇はない!
だから最近はすっぴんマスクが主流。

マスク様様です!!

そんな考えの私がこの前美容院に行ったら、そこの男性美容師さんが「すっぴんで買い物とか行く女性嫌ですよ~」と笑顔で言ってました。
私だよっ!っと心の中で叫びながら少し悲しくなりました。

その美容師さん的にはファンデと眉毛と口紅には最低限してほしいそうです。
それを聞いて私も化粧頑張るぞ!と意気込んだものの、結局いざ出かける時はバタバタしていていつものすっぴんマスクになってます。
最近発見したのが、眉毛を脱色するクリームなんですが、私は髪が茶色なので眉毛も脱色して茶色にすると眉毛描くよりも自然で、尚且つすっぴんでも化粧してる風になるのでオススメです。”

アラフォーの美容道

鏡を見るたびにがっかりする。
肌の悩みは尽きない。
シワ、シミ、たるみ、くすみ等々、
何に特化した化粧品を使えばいいのか全く分からない。
だって全部当てはまるから。

もう仕方ないと思って、
スキンケアはそこそこで
コスメでお悩みカバーだ!と決心したとしても
なかなか荒れた肌では
優れたコスメでも力を発揮してくれない。
使わないよりはマシかもしれないが‥。
アラフォーは悲しい。
何故なら化粧を濃くすればするほど
老けて見えるのだ。
かといって何もしないのはみっともない。

肌に限らず格好にも気をつけないといけないし、
素敵な洋服を身にまとったとしても
スマイルが悪ければ何きてもダメなのだ。

ナチュラルが素敵なのは
本当の美女なのはみんな気が付いているはずだ。

つまりは美女じゃなければ
少しでもマシでいられるように
努めなければならない。
アラフォー、諦めてしまったらどこまでも
ずっと落ちていくようで怖い。

アラフォーからどんどん差が出てくるともいわれているし。

食事にも気をつけて、
スキンケアは怠らず、
毎日きちんと化粧して、
白髪がでたら髪を染め、
若過ぎず老け過ぎずダサ過ぎない服をまとい、
もちろん体のメンテナンスも必要だ。

やることがたくさんある。
時に落ち込んで、
でも頑張っていこうと思う。

http://www.barneyclay.com

運送会社で働く女性ってどうなの!?

昔で言う男性だけの(力仕事)職場に、就職してきた女性社員は愛想良く振る舞っていれば周りの男性社員が手を貸して上げて居ます。

女性本人は、すみませんと言ってお礼を言いますが、殆んどの作業はしません

男の職場に立ち入るなと言いたい立ち振る舞いの良い危険な女性社員。
もし仕事をしたかったら事務所でデスクワークでもしていろ、特に繁忙期に女性にうろうろされると血圧が上がります。

いくら男女平等でも30㎏の荷物をいとも簡単に持ってしまう人ならば、問題ありませんが運送会社で荷物を持てないのは致命的です。

同僚の男性たちは横目で観察をしておりますが、知らんぷりも出来ず手を貸してしまいますし、余計に男性の方が疲れってしまいます。

女性は魔物です、男の職場に来て手伝ってもらう事を前提で作業をしています。
イビサクリームの通販はコチラ

女子プロレスラーの様なパワーがある人は、現実的で要量だけ教えてあげれば簡単に作業も進む事でしょう。力の必要な作業は体力のある女性にぜひ配置を人事にお願いしたい処です。

年がいってるだけで先輩ってのがうざい

私の会社の先輩、ほんとお局さんでうざいんです!
なんでも自分の思い通りにいかないと切れるし、お前が世界の中心なんじゃねーよ!っておもいます!そんなんだからアラフォーなのに彼氏もいなくて合コン行ってももてないんだよ!って思っちゃう!
同僚と飲みにいくといつもこの先輩の話ししちゃうんですよねーほんと顔怖いとか、でも部長の前では笑ったりするとか!別にただの先輩なだけで、私たちの上司なわけじゃないんだから、威張り腐るなよー!っておもいます。
みんな、あんな風にはなりたくないよねって言ってるのに気がついてないのかな!?
無駄な残業も多くて、先輩いると帰りづらいしまぢでやめて欲しい!あたしはみんなより忙しい、大変な仕事を任されてるアピール!?それって周りにうまく仕事を触れないだけじゃん!なのに私だけ忙しいアピールしないではしいわー!それで何か自分のミスがあると、私はみんなの分まで働いてるからこのくらいしょうがないって顔しちゃって!どうかしてるんじゃないって感じです!

マンネリ化した話題

毎日、毎日同じ話題が繰り返されて、母としては、もう父との付き合いを、聞き流すのが、随分得意になったことでしょうね。
同じスーパーの話なんてしていますし、大体、父って、話を聞いていないのかなあと思っていましたが、アスペルガーだと納得出来る話ですね。
年もあるのでしょうかね。よっぽど話ていたいのでしょうかね。父としては、母に話す以外、ストレスの発散がない所もありますし、母は割と人の面倒見が良いタイプですから、丁度いいのでしょう。

それにしても、同じ話題が多かったですし、時事ネタも、古かったように思えます。随分昔に流行った「グー」とか「ブヤ(渋谷という略称)」を、ちょっと前まで使っていて、それから、バカ殿様の話などしていたくらいですから、あれはあれで仕方がないのでしょうね。
何だかわかる話だと、最近思ったので、理解が出来るようになりました。
それでは、母も、やっぱり、普通の健康な男性の方を求めるだろうなとも思います。父と付き合っていて、楽しい人って、私は余り、分かりませんが、以前、私の元彼女の問題を、ストレートに父が「母より、元彼女の方がいい」と話したら、嫉妬したようでした。
面白いものですね。
そんな風にして、一日一日過ぎていきます。

帰ってきてアイスを食べる旦那

長く一緒に住んでいると、旦那への不満も貯まっていくのも当然の事で。
何も不満が無いなんて言い切れる夫婦なんているのか?いないよねぇ。

今日は久々に友達とランチに行っていたので、それぞれ旦那の不満大会、愚痴大会になりまして。
やっぱり出てくる出てくる。
友達が面白おかしく話してくれるから笑って聞いていたけど、実際そんな旦那がいたら最悪じゃんとか思ってみたり。

そして夕方になり旦那帰宅。
旦那早速冷凍庫からアイスを出して食べる。しかも子供が食べているドーナツ型の可愛いアイスを・・・。


そんな姿が物凄く嫌になってしまいました。

大人がドーナツ型のアイス喜んで食べてさ、しかも帰宅してすぐに。
もう子供と感覚が同じなんですよね・・・。

もちろんその姿を見れば、子供達も食べたくなるのも当然の話。
もうすぐご飯なのに、みんなしてアイスタイムが始まって何だか楽しそうな空気に。
ママも食べなよ~と誘われ結局私も参加。

子供にとっては楽しいパパかもしれないけど、
もっとクールで大人な男性を結婚相手に選べば良かったのかなぁ。

理想と現実は違う物ですからね・・・仕方ないか。
私も寝る前に子供に買ったアイスこっそり食べている時あるし。
今日も食べるかもしれません、子供と旦那には内緒です。

こちらの不満はこれで改善してほしい!
ビタブリッドc ヘアー

やる気スイッチが欲しい

もうすぐ会社の健康診断の時期です。
自分としてはお腹周りがとてもヤバいと感じる今日この頃…。
去年の健康診断でも「急に太りました?」って医者に首を傾げられる始末。

確かに、わざと太ったんですよ。
物心ついた頃からずっと「ガリガリだね」「もっと肉付けた方が良いよ」と親(こっちが主)に友人に細身を指摘され続けて、正直心底うんざりしてたので暴飲暴食してやりましたよ。
夕飯後にパソコンやりながらポテチを食べ、夜食にカップ麺を食べ、小腹がすいたら米菓をつまむ日々。

目標は5kgも太れれば、また細身を指摘された時に「いや、少し肉付いたし!」って言い返せると思ってたんです。
ですが、いざ5kg増やした後、まぁ歯止めが利かない(苦笑)
さらに1kg、もっと1kgと最終的に10kg増えました。

人生で体重が±3kgより変動したことなんてなかった(成長期除く)自分としては、10kg増って大分事件ですよ。
そして、医者に首を傾げられたうえに明らかな社交辞令で「このくらいの体型がちょうどいいですよね」って言われてしまい、とても危機感を覚えたわけです。

それで去年の健康診断以降、食べる量を少し減らしてみたり、嫁さんとどうしたら程よく痩せるものか話し合ってみたりしたんですが、結局何もしてない(苦笑)
嫁さんも子供2人生んだ後に肉が落ちなくて、夫婦で腹回りを触り合って「どうにかしなきゃ…」と危機感だけ募らせてます。

つい先日も「この肉をやっつけるために運動しよう! 腹筋とかしたらいいんじゃないかな!?」と具体案まで提示してるのに、そのまま何もしないで寝落ちするっていうお決まりの展開でした…。
いやぁ、自分たち夫婦のやる気スイッチとやらはどこに付いているんでしょうか…?(笑)

ワンマン経営な社長

妻の実家がある田舎に引っ越して15年が経ちました。最初は100人規模の会社にいましたが現在は従業員5人の小さな食品会社で営業マンと一応部長という役目を頂いて仕事をしております。ただ営業という外に出る仕事をすればするほど、この田舎の風習か、ワンマンというよりわがままな社長が多いのが現状です。


特に2代目になれば誰の下にもついたことなく親に甘やかされて育った息子がなり、従業員を育てるだなんてことはわかりません。怒ればいいとか、普通の人が発言しないようなことを言ったり大変です。現状は出来るだけ私が受け止め、他の従業員には私から伝えるようにしております。そうしないと従業員は馬鹿にされたとすぐに辞めてしまいます。
Aといったことが昼を過ぎると真逆なBだと言い始め、仕入れに関する決済は社長に確認しているものの、いざ自分の興味のないことになるとそんなことは聞いていないと言い出す。毎日従業員を振り回すだけ振り回しといて自分は銀行のお金と売上と在庫だけチェックして、ゴルフにいくという始末です。最近では年齢を重ねたせいか、自分は仕事にかかわっていないためか、興味がないことはすぐ忘れて同じことを毎日言い始めております。楽しいことやほめることを毎日いうなら構いません。ですがそんなことは一度も口にせず、文句や次あれしろ、これしろとAやらBやらを毎日毎日従業員に言います。本人は、忘れているのか今思いついたように話しますが従業員はまた始まったという感じです。

だんだん社長が来ると事務所にだれもいなくなるってもんです。事務員まで銀行や作業場に逃げる始末。それを気づいているのか気づいていないのか、最後には、俺の話を聞けと怒り出す始末。これはこまったもんです。

こういうとき、従業員から私に助けを求められ最後は社長をなだめて理解してもらうしかないんですが、1週間もすれば同じことを繰り返します。
基本仕事の作業はこっちで勝手にやっていてお金のかかることは許可をもらうだけという、考えようによっては自由な仕事です。売れれば何しててもいいんですから。社長があれこれ言っても聞かなくても売り上げ上げてれば文句ない人ですから。ストレスは社内でたまります。これをあと何10年続けられるか、会社が持つのか心配な悩みがつきません。

 

「妻は私人です」とのたまう首相が夫人に公設秘書を二人も

何と驚くではないか。
安倍総理が「私人」だとする自分の妻に「二人の公設秘書」をつけていた。
これで「夫人」は「私人」なのだろうか。
首相外遊でも政府専用機で世界を首相と飛び回る。
各国のトップの妻との社交もこなす。
この「私人の夫人」につけた「公設秘書」に、夫人が「私の友達が大阪で私立学校を建設したいのだが、財務省の管轄事項でトラブっているみたいなんだよね??」と呟く。
すると、それを聞いた公設秘書は「ふ??ん、そうなのですか??ぁ」って応えますかねえ。
首相に気に入られて首相夫人の公設秘書になった人だよ。
(今は、大阪の私立学校問題が公になる前に別の部署に左遷されている)
この公設秘書は黙って、財務官僚に「私は首相夫人の公設秘書なのですがね。首相夫人が大阪の私立学校問題をつぶやいています。何のことかわかりますか?」などと世間話をする。
すると「あっ?あ…まって下さい。調べてから折り返しお電話をします」と官僚は言うだろう。
官僚は必死に調べるだろう。そうして、どうやらこれってヤバいかも…と、なる。
そこで折り返しの電話だ。
もちろん非公式の世間話だから勤務時間外に電話する。
「あの??先ほどご依頼の件ですが、ご主人の首相に迷惑がかかる可能性があるのでヤバいです。国としては動けません」
と、世間話を伝える。
公設秘書は首相夫人に「先ほどのお話はヤバい筋なので、お控えになられるべきでしょう。先方には私の名前でお断りのファックスをしておきますから、ご安心下さい。奥様の名前は一切出しませんから」とつたえる。
大阪の私立学校の校長がそのファックスを見て仰天しただろう。
何か変だぞって思っただろう。
さて、こうして首相夫人を守った公設秘書は、夫人のつぶやきを耳にしてしまったばかりに左遷されてしまった。
こんなことかもしれませんよ。
だって、私人に公設秘書ってのがおかしな話だもの。

彼氏の愚痴

付き合って3ヵ月。
相手は9歳年上。
全然大人じゃない!!
思ったことはすぐ口に出すし、デリカシーはないし。
いつも口喧嘩が耐えません。
最近では、
いびきがうるさいから一緒に寝たくない。
もっと痩せろ。
食べ過ぎ。だから太るんだぞ。
と。
あーうっとおしい!!
ほっといてくれ!
自分でも分かってるわ。
注意されて直るならもう直ってる。

でも、言われっぱなしはしょうに合わないのでわたしも言い返します。
毛深い。
けち。
その話、前にも聞いたよ。
とか。
たぶんプライドずたずた!

こんなに言い合っているのに、何故か雰囲気が悪くならないのです。
それがすごいと思います!

私は今までの彼氏には、言いたい事が言えず、不満を溜めて溜めてまとめてどーーんと言っていました。
そうすると、そんな前のこと何で今言うの!?と怒られました。
そんなことはやめようと思い、言うようにしました。

いつも口喧嘩しますが、言い合える関係が大好きです。
結婚したーい。